南房総 – 波の音に包まれ 露天風呂付き客室で癒される「ゆうみ」

南房総にある高級リゾート宿「Beachside Onsen Resort ゆうみ」の素晴らしいのは、お部屋の中に露天風呂がある客室があるところ。オーシャンビューの客室の窓を全開すると、波の音を聞きながらゆっくりと露天風呂を味わうことができます。特に露天風呂に響く波の音が素晴らしく、そこまで計算して作ってあるのかと驚きました。もちろん客室についているので、家族だけで何度でもお風呂に入ることができます。新型コロナが気になる方でも安心ですね。

宿から出ると、そこはまるでプライベートビーチのように広くて静かな砂浜。さすがに夏場は海水浴客も多いでしょうが、それ以外はほとんど人もいません。以下の写真のやや左側に見える二つの屋根が「ゆうみ」です。ここは千葉の鋸南町 元名。このあたりにいくつかこういった宿を経営されている、紀伊乃国屋グループさんの宿の一つです。いずれも海のすばの素晴らしい宿が多いですが、この「ゆうみ」はその中でも特に海が近く感じられます。

場所は千葉の南房総の鋸南町。富津市の下あたりの内房です。内房なので波は穏やかで海に入るのも安心です。

部屋の中は以下のようになっていて、寝室と窓の間に半露天風呂がある形です。部屋も風呂場も清潔で良く設計されていて、とても居心地が良い空間で、何日もここでただぼぉーっとしたい気持ちになります。

客室に露天風呂がない部屋も、予約すれば屋上などに広い貸切風呂を使うことができます。家族連れでも安心して入れます。以下のような共用のテラスもあり、夕日は本当にきれいです。また、海に向かっての解放感は半端ないです。

夕食も以下のような二階の海が見える半個室でいただくことができます。すぐ外にテラスもあって、外に出て海を見ることもできます。まずは食前酒で乾杯。そこから素晴らしいお料理が次々に出てきます。

特にお刺身系は本当に素晴らしく新鮮でおいしいです。何でもオーナーが近くの漁港の買い付けする権利を持っているそうで、普通の人が入れない市場で一番良い食材を厳選して購入しているそうです。おいしいはずですね。鯛やヒラメやマグロの中トロ、金目鯛など全て絶品です。

アワビも絶品です。バターとレモンで食べると、これまた最高です。

金目鯛も一匹丸ごと煮付けてあり、味が濃厚でおいしかったです。なかなかここまでの金目鯛は食べられません。

最後は鯛のお茶漬けでした・・もう言うことありません。全体的にヘルシーで量もたっぷりで大満足です。

部屋はシックに落ち着いていて、ゆっくり休むことができました。

もちろん部屋からは星空と海の夜景がばっちり見えますので、もう一度 露天風呂に入ってから休むことも自由です。

朝食も夕食と同じ半個室。朝の海もきれいです。

おいしくて小さなカワイイ料理が少しずつ並んでいて、いろいろ味わえます。バーニャカウダー風のドレッシングで食べるシャキシャキな生野菜と、温めて食べるお豆腐が、特においしかったです。

満腹の朝食の後は、再び部屋に戻って海を見ながらゆっくりできます。コーヒーは二階のコーヒー・コーナーで好きなだけ取ってこれるので、部屋のソファでゆっくりくつろぎながら家族でコーヒーが飲めるのが至極の幸せです。ちょうどこの日は、豪華客船 飛鳥Ⅱが、三浦半島と千葉房総の間の浦賀水道を通って帰還することろが見えました。

別の日でしたが、このあたりからは晴れて空気が澄んでいたら、以下のように富士山も見えます。今度宿泊する日はぜひ富士山が見える日にしたいなと思いました。

一休のサイトで予約して宿泊することができます。これだけのロケーション、お料理でこの価格は、伊豆や箱根方面ではあり得ないほどお得ですね!