インド バンガロールへの行き方とホテル

インドのバンガロール (Bangalore)に出張してきましたので、バンガロールへの出張ガイドをまとめておきます。まずは何といっても以下の e-VISA の申請から開始です。

https://indianvisaonline.gov.in/evisa/tvoa.html

インドに行くにはVISAが必要ですが、Webでオンラインで申請・取得することができます。「e-Visa Application」をクリックしてフォームにインプットしてください。(結構たくさん項目あります)

通常のOrdinaly Passportで、Portの空港は, Bengaluru、目的はBusiness meetingなど適切なものを選択。パスポートと名刺それぞれのコピーをPDF化したものが必要になります。(1MB以下)
Visible identification marksは見た目の特徴でNILやNAで大丈夫。Educationは学部卒ならGraduate、Employerは会社名、Designationは職位など。
会社等のURLは、http:// は入れず www.xxx.com/ などと入力。
Reference Nameは滞在中のホテル名などで、私は Hilton Bangalore Embassy GOLF ホテルに泊まるのでそう記入しました。Reference Name Japanは日本の家族などで大丈夫です。
最後料金$25ちょっと (3000円弱)を sbi e-pay などでカードで払う必要があります。料金は一瞬しか表示されないので、領収書に必要な人は画面コピーを忘れずに撮ってください。

最終的には以下のフォームが出てきますので、こちらを印刷して、出発の日に日本とインドの空港のカンターで見せる必要があります。

上のフォームの他に、自分で写真を貼り付けるフォームもありますが、それは申請フォームですので間違えないでください。(私は間違えました・・が、成田空港のSingapore Airlineの方が印刷してくれました)

今回の出張は、シンガポール・エアラインで、成田からシンガポールまで7時間、シンガポールのチャンギ空港で2時間乗り換え時間で、そこから4.5時間でバンガロールの Bengaluru空港に着きました。直行便がないので長旅です・・。

さて空港に着くと通常の入国審査の手前に以下の e-VISAカウンターがありました。e-VISAの人はここで簡単な手続きで入国することができるので時間短縮できます。

荷物を取って外に出ると以下のお馴染みの光景。お迎えの名前パネルです。私は宿泊するヒルトン・ホテルにリムジン(リモ)を予約しておきましたので、Hiltonパネルの人にお願いして運転手を案内してもらいました。ちなみにホテルの空港送迎リムジン(リモ)は片道2500ルピー(1ルピー 1.7円で4000円前後)程度とそれほど安くはありませんが、インドの普通のタクシーは変なところに連れて行かれることがあるので、予約時にホテルにお願いすることをお勧めします。(以前タクシーに怪しいルビー屋に連れて行かれたことがあります)

私が宿泊したのは、ここからタクシーで1時間ちょっとの Embassy Golf Links Business Park というIT企業などが集まるハイテクタウンにあるヒルトンホテル。名前の通り、Park中に入ると横に以下のようなゴルフコースがあります。入り口も警備が厳しく、バンガロールの高級ビジネス街になっています。

ビルの上から見ると、以下のような感じ。平日でも結構ゴルフしています。

このPark中にあるヒルトン・ホテルが Hilton Bangalore Embassy Golf。トップのフォトのように外見も綺麗ですが、以下のように部屋の中もとても綺麗で全くインド感ありません。

キッチンまで付いてました。水は部屋にあるのは有料だったので、朝食の時に付いてくる水を持って帰って飲んでました。インドの水道水は、たとえ歯磨きのゆすぎであっても口に入れてはいけません。

ホテルの中庭には以下のような綺麗なプールがありました。夜のライトアップは特に綺麗です。ただし、蚊がいたので長居は禁物です。

朝食は付いていましたが、これがとても美味しい!カレーもありますがあまり種類は多くなく、世界のいろんな朝食が食べられます。特に以下のドーナツは「日本のドーナツ」と表示されていて日本の有名なドーナツ屋さんそっくりの柔らかさと甘さで絶品でした。

夜の立食パーティーもホテル内でありましたが、そこはさすがにカレー系が多かったですがとても美味しかったです。インドのカレーは基本的に日本人にも合いますね。

帰りのタクシーもやはりリモを予約して乗って帰りました(ホテルの精算時に一緒に払った)。行きの空港からホテルは1時間ちょっとでしたが、帰りの空港までは通勤時間帯で最悪の渋滞(インドの交通事情はホント最悪です・・)。空港まで2時間半はかかりましたので皆さんも注意しましょう。

バンガロール空港は上のようにいたって普通で、落ち着いています。以下のようないかにもインドなお土産でも買って、日本に帰りましょう!

シンガポールのチャンギ空港で乗り換えの人は、チャンギ空港は楽しいスポットがたくさんありますので、以下を参考にしてください!

⇒シンガポール、チャンギ空港

 

FacebookTwitterLine