ラスベガスのホテル おすすめ! (南部編)

Las Vegas 旅行でまず大事なのはやはり ホテル選び!ラスベガス の ホテル のおすすめを写真でご紹介します。ラスベガス の中心 「ストリップ通り」 沿いでいかにも ラスベガス らしい 巨大ホテル や カジノ は南部に多いため、ラスベガス らしさを満喫したい方には南部(MGM からマンダレイ・ベイまで)が最適です。

ザ・ラスベガスのホテルといえば、私は中ではトップのフォトの MGMグランド です。中央にゴールドのライオンが燦然と輝いていますね。部屋は以下のように、あまり広くはありませんがおしゃれな感じです。

写真だけ見ると他のホテルとあまり変わりませんが、ホテル内部は広大に広がり、様々なシアターや、コンサート・アリーナ、カンファレンス・センターを備えています。周囲にも以下のコカコーラの形をしたビルや、レストランなどが集まる、まさにラスベガスの中心です。

lv22_mgm_cola

もちろん カジノ会場は非常に広く、それほどレートも高くないため思う存分楽しめます。スロットの上にはアウディが置いてあり、当たったらどう持って帰ろうか悩みながら楽しみました。

MGMでは、2015年初の時点では シルクドソレイユ の中でも火をテーマにしていることで人気の カー (KA) が上演されてます。私が訪れた時は、デービッド・カッパーフィールドの、イリュージョン・マジックもやっていました。

レストランも様々で、SHIBUYA (渋谷)という日本食レストランや、ハッカサン (Hakkasan) という現代中華レストランもあります。ハッカサンにはクラブがついており、食事をするとクラブへ入場することができます。多種多様な人種の人とひしめきあって踊るのは刺激的な経験です!

lv10_aria

そのMGMの近くに、シティ・センターという様々な施設が集まっている場所がありますが、その中心にできた新しいホテルが、上のアリア (Aria)です。アリアはラスベガスの中でもひときわ近代的で巨大なホテルです。部屋はそれほど広くはありませんが新しく清潔でおしゃれな感じです。

lv10_aria_room

このカーテンは、部屋に人が入ると自動的に開くようになっています。ストリップ通り側ではない部屋からは、ラスベガスの先にあるグランド・キャニオン的な広大な自然をじっくり楽しむことができます。

lv10_aria_canion

中のレストランも開放的でおしゃれですね。スイーツショップなどもあり、特に女性に人気です。

lv10_aria_restaurant

アリアの隣には、モンテカルロ (Monte Carlo)があります。こちらはそれほど新しくはありませんが、落ち着いたリーズナブルなホテルです。

lv11_montecarlo

MGMの向かいには、ニューヨーク・ニューヨークがあります。以下のように、自由の女神やニューヨークの街並みの中をジェットコースターが走りまわるとってもインパクトのあるホテルです。友達同士で行くと大変盛り上がります。中は思ったよりも広く開放的で、カジノも落ち着いて楽しめる感じです。

lv22_nyny

次は最もインパクトのある見た目、ルクソール (Luxor)です。見たとおりスフィンクスとピラミッドがそびえ立つ、堂々とした作りです。誰もが一度、中はどうなってるの?と入ってみたくなりますよね。自由に入ることができます。

lv22_luxor

ピラミドの中は意外にも近代的な作りで、以下のようにそのまま三角の吹き抜けになっています。ピラミッドの三角の壁の部分だけそれに沿って部屋が配置されていることが分かります。よくこれで強度が保てますよね?その建築技術にもびっくりです。価格がかなりリーズナブルなので、話のネタに利用してみるのも良いですね。

lv22_luxor_inside

最後、最も南にあるのは マンダレイ・ベイ (Mandalay Bay) です。以下のようにマイケル・ジャクソンのONEを上映しています。もちろん本人は登場しませんが、マイケル世代の人には、お馴染みの名曲とそっくりさんによる完全コピーの踊りでかなり盛り上がること必至です。

lv22_mandalay

ここは少しストリップ通りの中心街から離れてはいますが、このホテル自体が巨大で、カンファレンス・センターや様々なレストランもあり、ホテルの中だけで十分楽しめます。以下のラッフルズ・カフェや、日本食レストランの クミ (KUMI) など、おしゃれなカフェやレストランもバッチリです。

lv22_mandalay_cafe




ラスベガスのホテルは皆、本当に特徴的で面白いです。ホテルを見て回るだけで十分面白い観光になりますね!

=> ラスベガスのホテル おすすめ 北部編

=> ラスベガスのショッピングとレストラン



FacebookTwitterLine