ロンドン – キングス・クロス駅とハリーポッター

ロンドン と聞けば、ハリー・ポッター の事を想い出すことも多いと思います。ハリー・ポッター が育ての親から離れ、ロンドン の 「キングス・クロス駅」 から列車に乗って魔法学校の ホグワーツ を目指すシーンは忘れられないですよね。そこで ロンドン に行った際にじっくり キングス・クロス駅を観てきました。

キングス・クロス駅のホームは、トップのフォトのような雰囲気です。左右のレンガ造りは、ハリーポッターの映画を想い出しますね。その外観は、以下です。

9.キングス・クロス駅

「あれ?何かイメージと違う・・・」 と思いながら横の建物を見ると、

9.セント・パンクラス駅

あ、何かこんなイメージ・・・と思いました。そうです、実はハリーポッターに出てくるキングスクロス駅の外観には、本来のキングスクロス駅ではなく、隣の 「セント・パンクラス」 駅が使われています。確かにこちらの方が趣があって重厚な建物ですよね。このセント・パンクラス駅とキングスクロス駅はすぐ隣にあって、一体みたいなものなので良しとしましょう。

9.キングスクロス駅

セント・パンクラス駅はユーロスターの発着駅になっており、上のフォトのようにその雄姿をゆっくり眺めることができます。以下のフォトが別の角度から観たところですが、シンプルなパターンの繰り返しが非常に美しい建築になっています。下のフォトを見れば分かるように、ユーロスターの線路の下は、高級ショッピング街になっており、これだけでも楽しむことができます。

9.セント・パンクラス駅 内部

さて、話をキングスクロス駅に戻しますと、そういえばハリーポッターと言えば 「9と3/4線」 ホームですよね。あの、9番ホームと10番ホームの間の壁にカートで思い切って突っ込むシーンです。そこでキングスクロス駅の9番ホームのところに行ってみますと・・・

9.キングス・クロス駅 9ホーム

という感じで、もちろん 9と3/4線ホームは無く、上のような感じでした。かろうじて少しレンガが残っている感じです。が、何だかこのホームの逆側にたくさんの人が騒がしいと思ってよく見たら、以下の写真撮影に人が並んでいました。

9.キングス・クロス駅 9_3_4ホーム

なんと、壁に 9と3/4線と貼ってあって、そこにカートとヘドウィグが今にも溶け込んでいきそうなシーンが再現されています!(ちょっとチャチですが・・) そこに係りの人がいて、ご丁寧にマフラーを後ろからつまんで、勢いよく駆け込んでいる雰囲気をかもし出しています!(かなりわざとらしいですが・・) で、写真撮影していました。かなりベタな演出ですが、これもご愛嬌ですね。その隣を見ると・・・

9.キングス・クロス駅 9_3_4ショップ

と、これまたご丁寧に 「9と3/4線ホーム・ショップ」 があり、ハリーポッター・グッズが並べてありました。思わずかわいい ヘドウィグのキーホルダーを買ってしまいましたが・・・。やはりロンドンの人も商魂たくましいですね。

キングスクロス駅の内部は以下のようになっていて、古いレンガ造りの駅舎に、新しい屋根やお店を増設しています。ロンドンではこういった新旧の建築の見事な融合が観られ、我々日本も参考にしたいところですね。下の写真の真ん中奥の人だかりが、上の 9と3/4ホーム撮影スポットです。(^_^)

9.キングス・クロス駅 内部

意外とガイドブックとかには載ってないですが、是非キングスクロス駅に行ってみてください。

 

FacebookTwitterLine