ロンドン -「バッキンガム宮殿」と 「ビッグベン」

ロンドン観光 の大本命、バッキンガム宮殿 や ビッグベン の周辺を散策しました。まず、以下の トラファルガー広場 の前にある門 「アドミラルティ・アーチ」 から出発します。見覚えある人も多いと思いますが、2012年のロンドン・オリンピックの際に マラソン で下をくぐっていた、あの門です。

=>観光マップはこちらを参照

6.門

ここで後ろを振り返ると、以下の真っ直ぐ向こうに 「バッキンガム宮殿」 があります。そういう位置関係です。

6.門からバッキンガム宮殿

が、ここはあえてこの道は真っ直ぐは行かず、テムズ川の方に向かいましょう。近くに 近衛騎兵隊 の司令部 「ホースガーズ」 があるため、以下のような 騎兵隊 が本気で警備しているのに遭遇できます。下は珍しい女性騎兵隊でした。

6.騎兵隊

ロンドン・アイ

テムズ川に出ると 「ハンガーフォード橋」 がかかっているので、これを渡りました。ここはテムズ川をはさんで、左の観覧車 「ロンドン・アイ」 と、右の時計塔 「ビッグベン」 の両方が見られる絶景ポイントです。

7.ロンドン・アイ

橋の後半では、ビッグベンの向こうにつながっている 「国会議事堂」 が見えてきます。

7.ロンドン・アイとビッグベン

ビッグベン

橋を渡りきって、ロンドン・アイに乗った後は、もう少し進むとトップのフォトのように国会議事堂を正面から見ることができます。その右側の 「ウェストミンスター橋」 をビッグベンの方に渡りましょう。以下のように、ビッグベンを間近に観ることができます。近くで見るとさすがに大きく、精巧に造られていますね。

7.ビッグベン

ウェストミンスター寺院

このあたりが 「ウェストミンスター」 です。
ビッグベンの向こう側に下の 「ウェストミンスター寺院」 があります。最近も チャールス皇太子 の結婚式で話題になりましたね。ビッグベンの逆側が正面になります。

7.ウエストミンスター寺院

この正面にある 「ヴィクトリア・ストリート」 は日本の霞ヶ関のような官庁街になっています。そこを真っ直ぐ行くと以下の 「ウェストミンスター大聖堂」 があります。先ほどの ウェストミンスター寺院 と名前が似ているのでよく間違われるようですが、こちらはこちらで素晴らしい聖堂になっています。

7.ウエストミンスター大聖堂

中は以下のように荘厳で、一見の価値があります。

7.ウエストミンスター大聖堂 内部

このあたりの地区は、本当の高級住宅街になっていますので、散策してみると良いと思います。以下のようなおしゃれなオフィスもあったりします。

7.オフィス4

以下のように、最新ビルの谷間に かわいいカフェ(パブ)があったりします。こちらはBSのTV番組でも紹介されていましたね。

7.パブ

バッキンガム宮殿

ここから北へ行くと、いよいよ 「バッキンガム宮殿」 です。以下のように由緒正しそうな門があり、正面からは入ることができません。

8.バッキンガム宮殿 門

が、8-9月限定で、下の写真の北側の横の入り口から宮殿の中に入ることができます!何でも、王室の方々が夏休みで居なくなるためのようです。

8.バッキンガム宮殿 建物

正面は以下のように、威風堂々ですね。ここで5-7月は毎日、それ以外は2日に一回 朝11時過ぎごろ(日曜は10時?)に衛兵交替の儀式が行われます。

8.バッキンガム宮殿

バッキンガム宮殿の前には、以下のような 「ヴィクトリア女王記念碑」 があります。最初の アドミラルティ・アーチ から見えていた像ですね。

8.バッキンガム宮殿 像

バッキンガム宮殿沿いの北の道を行くと、以下の ウェリントン・アーチ が見えてきます。ナポレオン軍を撃破したイギリスの英雄をたたえた像です。

8.ウエリントン・アーチ

ちなみにこの向い側に 「インター・コンチネンタル・ロンドン・パークレーン」 ホテルがありますが、ここの 「ウェリントン・ラウンジ」 のアフタヌーンティーは有名です。ケーキが何段にも積まれていて、見ただけで超リッチな気分が味わえます!

ハイド・パーク

そのすぐ先がロンドン中心で最大の公園、ハイド・パークです。ここは広い!そして緑がいっぱいで気持ちいいです。みんな、思い思いにくつろいだり、楽しんだりしていて、イイですね。

8.ハイドパーク

ここは、以下のようにレンタル・サイクル でサイクリングすることをお勧めします。(=>レンタル・サイクルの借り方はこちら

8.レンタル・サイクル

ハイド・パークの中にはいろいろありますが、私は以下の 「サーペンタイン・サクラー・ギャラリー」 が面白かったです。

8.サーペンタイン・サクラー・ギャラリー 建物

中に入ると、一見何も展示されてなくて、人がいるだけ・・・。

8.サーペンタイン・サクラー・ギャラリー 人形

でも良く見たら、上の二人は本物の人間でなく、人形です!
以下なんて、どれが人形でどれが人間か分かりませんが・・・

8.サーペンタイン・サクラー・ギャラリー 人と人形

真ん中右の手押し車を持っているおじさんが人形で、それを覗いている左の二人のご婦人が本物の人間です。向こう側の右にベンチで座っているのも人形です。良くできていますね~。
以下のようなカフェも併設されていて、ゆっくりできます。このカフェのデザインはなかなか斬新ですが、日本の新国立競技場のデザインでも有名になった 「ザハ・ハディド」 さんの作品です。

8.サーペンタイン・サクラー・ギャラリー カフェ

ロンドン観光のまさに目玉な地域ですので、是非観所を逃さないよう計画して回ってください!

 

FacebookTwitterLine