ロンドン 大英博物館と かわいい雑貨屋

ロンドンの 観光 といえば 「大英博物館」 が有名ですね。ギリシャ の 神殿の 遺跡の数々や、エジプト の ミイラ など、世界中の貴重な財産がここに来れば一度に見ることができます。また、この周辺には意外とかわいい雑貨屋さんやおしゃれな街並みが多いので、紹介します。

12.大英博物館

大英博物館 に入ると以下のような広い 「グレートコート」 に出ますが、この手前の左側通路に 大英博物館 の 雑貨店 があります。結構ウィットに富んだおしゃれな 雑貨 があるので、お勧めです。(意外と見逃しがちな場所にあるので注意)

12.大英博物館 内部

特に 「ロゼッタ・ストーン」 のグッズがお勧めです。ロゼッタストーンは、同じ内容が古代エジプト文字とギリシャ文字が書いてある遺跡で、これのおかげで古代文字のヒエログリフの意味が分かるようになったという、画期的な石です。このロゼッタストーンの前はいつも人でいっぱいで、大英博物館の中でも一番人気ですね。

12.大英博物館 ロゼッタストーン

ところで、大英博物館から西へ5分程度歩いたところに、おしゃれな雑貨屋さんがあるのはご存知でしょうか?トッテナム・コート・ロード (Tottenham Court Rd.)という通り沿いに多くの店が並んでいて、その中に何件かあります。地下鉄の駅の名前も、Tottenham Court Road で、そこから北にのびている商店街です。

まず駅から2-3分のところにあるのが、その名も 「 タイガー」 (Tiger)という雑貨屋さんです。こちらには、キッチン用品や生活雑貨などの かわいい雑貨が所狭しと並べてあります。カラフルな雑貨が多く、思わずほほ笑んでしまう面白い絵柄のグッズなどがたくさん置いてあります。それほど広くない店内ですが、結構楽しめますよ。

もう2-3分北に行くと、「ペーパー・チェース」 (PaperChase)という名前の以下のお店があります。

10.トットナム PaperChase

このペーパーチェースは名前の通り、まさに紙の雑貨屋さん。トップのフォトが、お店に入ったところで撮った写真です。とてもカラフルで、いろんなタイプの絵柄の雑貨が置いてあることが想像できると思います。
例えば一番周囲に好評だったのは以下の、ノベルティ・スティッカー。小さな四角いステッカーが全部違う かわいい絵柄いなっていて、本やノートに貼ったりはがしたりして目印として使うと、とても楽しい気分になります。以下は動物の絵ですが、他にもいろいろな種類があって、選ぶだけでワクワクします。

ノベルティ・スティッカー

お店はきれいな3階建てで、「紙のデパート」 と銘打っているのは納得です。以下は3階から撮ったところですが、3階は包装紙や絵の具などの具材が豊富にそろっています。2階はバッグやボールペンなどの高級文具が多かったです。

10.トットナム PaperChase階段

が、何と言っても1階が かわいく、カラフルな雑貨がたくさん置いてありますので、是非訪れてみて楽しんでください。こういう かわいい雑貨って日本が一番かと思っていましたが、ここほどの雑貨はなかなか無いと思います!

この通りの周辺はおしゃれな高級住宅街・オフィス街になっており、日本で言うと代官山的なところでしょうか。以下のようなおしゃれなレストランやカフェもあります。

10.トットナム カフェ

さらに以下のような高級住宅やオフィスもあり、ちょっと周囲を散策してみるのも楽しいです。このあたりは大英博物館のすぐ近くなのですが、観光地の喧騒は無く、静かで落ち着いた場所です。

10.トットナム 家

少し足を伸ばすと、以下のようなロンドン大学本部があります。大英博物館の裏あたりになります。このあたりはロンドンの学術的中心部という感じですね。

10.ロンドン大学

ラッセル・スクエア隣には、下のような歴史ある 「ラッセル・ホテル」 もあります。

5.ラッセル・ホテル

大英博物館で歴史的遺産を堪能した後は、このような趣のある建物や、閑静な住宅街、おしゃれな雑貨屋さんなどがあるこのエリア、是非散策を おすすめいたします!



FacebookTwitterLine