東京駅グルメ – 南インド料理「ダバ・インディア」

東京駅八重洲の、京橋駅からすぐのところに「ダバ・インディア」というおいしい本格的な南インド料理のお店があります。トップのフォトのように、ランチもいつも、開店が12時なのに11時くらいから行列ができています。以下は定番のカレー定食(A)。

しいてある大きなバナナの葉っぱが、おしゃれですよね。
特に右手前の赤いチキン・カレーがおススメです。その上のエビのカレーもおいしい。お店のフロアの人はほとんど日本人で、食べ方をやさしく教えてくれます。以下のようにまずカレー類を周囲に置いてから、真ん中のライスにかけて食べます。(さすがに手で食べる勇気はなく、スプーンで食べましたが・・)

上の真ん中手前の黄色いのはスイーツ的なもので、リンゴがほんのり甘く、インド独特のデザートで美味です。

以下は「ヴェジタリアン・ドーサ」。ドーサはここの名物で、下にしいてあるクレープのことです。フランス的に言うとガレットですね。こちらは名前の通り、ベジタリアン向けの料理で、あっさりしていておいしいです。

最後にインド・コーヒー(甘いです!)をいただいて、大満足。

店内も以下のように内装もかわいくて、きれいで良いですね。女性客が多いはずです。

なかなかこういう本格的でおいしいインド料理店は無いですよね。
夜はパーティー・セットもあるので、今度は是非ディナーにも行ってみたいと思っております。

⇒ダバ・インディアのホームページ

 

FacebookTwitterLine