「未分類」カテゴリーアーカイブ

EV – 実際に BMWのEVで旅行した際の充電回数

自宅にEV充電器も設置(前記事参照)し、ついに納車されたEVで早速軽井沢までドライブしました。車はBMW i4 eDrive40 で、カタログ上の一充電走行距離は最大 604km。自宅の6kw EV充電器で充電してみたところ・・100%充電目標で充電しても、99%からなかなか増えません。過充電が気になったので99%で止めたところ、走行距離は 423kmと表示。カタログスペックよりも約4割減・・。エアコン等も考慮しコンサバに読んでいるからでしょうか? 以下はその際のスマホアプリでの表示。

ちなみにこの際に自宅の6kw EV充電器で残り12%充電して満タンにするのに、2時間以上かかりました。

さて充電も完了し、いよいよ軽井沢旅行に出発です。走行距離423kmで浦安から軽井沢まで往復できるでしょうか?浦安インターから軽井沢まで、ちょうど片道200km程度です。表示通りなら一度も充電しなくても往復できるかもしれません。

軽井沢まで到着した時は、残り48%と半分を切っていました。残り走行可能距離423kmで、そのほぼ半分の軽井沢までの約200km走ったので、ちょうど半分を使い切るのは妥当な線ではないでしょうか。乗っていて気が付いたのは、軽井沢に近づくにつれて増える登坂では、使用電気が大きく減りが早いということです。上り道はかなり電池の消費が早いようです。

片道でちょうど半分使い、ひょっとしたら自宅に帰るまで充電不要か・・とも考えましたが、帰りの渋滞などを考えるとさすがに怖いため一度軽井沢で充電することにしました。軽井沢はあまり急速充電器が多くないのですが、まずDocomoショップに行ったら先にAudiさんが充電中。そこで軽井沢役場に行ったところ、二機中一機があいていたので、そこで充電しました。そこは22kwで、一回の30分までなので、2セット合計1時間、80%目標で充電しました(急速充電器で充電できるのは、80%まで。過充電を防止するため)。

が、48%程度から1時間かけて充電した結果は78%。目標にはやや足りませんでしたが、走行距離247kmなら帰れるかとここで充電完了しました(1時間で30%分充電した計算)。充電ステーションから離れるのも心配なので、ずっと車の中にいましたが、旅行中にあまり長い時間充電するのも時間がもったいないですからね。ちなみに後日登録してあったメールに連絡がきて、22kW急速充電を1時間実施した料金は、消費税込みで990円でした。BMWで登録したチャージカードを使って支払いました。

続きを読む
 

EV – 電気自動車の旅に必要な充電器などの情報

EV、つまり電気自動車(BEV)買いました。今後本当に日本でEVが増えるかどうか、今後のEVの成否の行方を占う試金石となるべく、touchstone.jpで自ら購入し旅した体験を共有します。思っていたよりも結構いろいろな事が必要になることがわかりました。一番はEV充電器です。

実は私は十数年前に自宅の戸建てを建てた時に、将来の電気自動車の購入を想定し200Vの充電器を設置しておきました。ところが今回確認していただいて分かったのは、既に設置していた充電器は3kW用で、今主流の6kW充電器に比べると充電に倍の時間がかかってしまうとのこと!・・時代は進化していたのですね (最近の高性能EVは普通充電で 6kW OK)。そこで以下のように EV充電器を設置しました。(下のベージュが古いBOX)

私のEVのバッテリー容量は80kW程度なので、半分の40kWを充電するとしたら、単純計算で3kWだと14時間かかるところが、6kWだと7時間で済むという計算になります (ちなみに高速道路などにある急速充電器150kWであれば20分弱)。一晩で充電が終わる魅力は大きく、やはりいざという時には自宅での充電でもある程度早い方が良いので、上の 6kWの Panasonic DNH326のEV充電器を追加で設置することにしました。(もしEV2台体制になったら 3kwと両方使えるかと・・)

しかも6kWにすると、200Vで30Aの電流が流れますが、これは100Vだと60Aに相当するため、東京電力等の通常の「50アンペア契約」ではEV充電だけで容量がオーバーしてしまう事が判明!我が家は以下のように見事に50A契約だったため、これを思い切って100A契約にしました。EVだけで60A使ってしまうので、エアコンとか同時につけることを考えると100Aあった方が良いと言われました。

50A契約を100A契約に変えると、基本料金だけで月額1400円程度の上乗せになっていまいます。それに毎回の電力使用料金を加えると・・EVの方がガソリンよりもお得と思っておりましたがちょっと不安になってきました・・。

続きを読む
 

那須塩原温泉 – 松楓楼松屋の露天風呂付き客室と 渓流釣り

那須塩原の塩原温泉郷にある、松楓楼松屋は、すぐ前に流れる箒(ほうき)川の景観とせせらぎの音が素晴らしい旅館でした。トップの写真のように、客室のベランダに個別の露天風呂が付いていて、箒川をながめながらゆっくり入ることができます。すぐ近くにある福渡不動吊橋の上から見ると以下のように見えるお宿です。箒川はエメラルドグリーンのとてもきれいで澄んだ流れで、いつまでも見ていられますね。

部屋に露天風呂が付いているので、夜も朝も好きな時に温泉に入れます。

ベランダから箒川下流の方を見ると以下のように見えます。左の方に見える橋が、福渡不動吊橋ですね。自由に渡れるので宿からの散歩コースにちょうどよいです。その少し手前の川の向こう岸側に小さな小屋のようなものが見えます。ここは実は以前、川の横から湧き出る天然の温泉の岩風呂だったようですが、以前の台風で壊れてしまったようでまだ利用できません。

松楓楼松屋は、おもてなしも素晴らしく、料理も豪華でおいしかったです。以下が夕食の一部ですが、ヤシオマスと呼ばれる那須塩原地方のマスのお刺身がとても美味しかったです。サケのようですが、もう少し甘みがあり燻製のような味わいもあります。A5ランク栃木牛のステーキやアワビも絶品でした。

朝食もシンプルですがとてもおいしかったです。

実はこの塩原温泉の松楓楼松屋さんに泊ったのは、この宿の前の箒川で釣りがしたかったからでした。宿の前の箒川は、宿から少し上流の福渡(ふくわた)橋までがよい釣り場でになっています。

以下が福渡橋の下です。やはりエメラルドグリーン色の部分や、とても澄んだ水の部分がありとてもきれいです。

この日はちょっと寒かったのかあまり多くは釣れませんでしたが、一匹だけ以下のヤマメが釣れました!ヤマメは感じでは山女と書く小ぶりな川魚で、特に大きな川ではなく塩原のような上流の渓流で良く釣れます。パーマークと呼ばれる黒い縦長楕円の紋様が美しいですね。

続きを読む
 

南房総 – 鴨川の 露天風呂付客室で 水平線一望

宿中屋は、房総鴨川安房小湊の温泉旅館。文字通り、海を眺めながらのんびり過ごすことができます。なにせ房総半島の一番さきっちょにある宿なので、客室内の半露天風呂の入りながら、太平洋の水平線をずっと眺めていることができます。伝統ある宿ですが、宿の外観は以下のように古臭くなく、館内もとてもキレイです。

国道128号線沿いにあるので、アクセスしやすいですが、国道沿いにあるわりには海のすぐそばでとても静かです。入り口の駐車場がちょっとわかりにくいので、注意しましょう。お隣のホテルグリーンプラザ側から入る形になります。

この日泊ったお部屋は、露天風呂付客室で、以下のようにお部屋の中に半露天風呂があります。思い立った時にいつでもお風呂にはいれるし、館内を移動して共同風呂に行く時にどんな恰好しようか・・と考える必要もありません。もちろん何度でも入浴できます。

半露天風呂なので、完全開放ではなく窓が少し曇るところもありますが、冬場など寒い時も海を見ながら源泉露天風呂にゆっくり入れるのは利点ですね。

お料理も素晴らしく、レストランの個別に仕切られた空間で食事ができるので安心です。お刺身の盛り合わせには伊勢海老のお刺身が付いていて感激しました!

アワビも立派な大きさで大満足!レモンとバターのコラボレーションでさらに味も豊かに感じました。

朝食も色とりどりでとてもおいしいです。特に卵が最高で、卵かけご飯はこれまで食べたことがないくらい美味しかったです!

宿の外はすぐに海。そのすぐの海では、豊かな自然に触れられ、磯遊びなどもできるので、子供たちも喜んで遊んでいました。石畳になっていて、潮が引くとかなり広い場所で遊べます。

今回は、釣りをしてみようと、鴨川港の横にある「鴨川フィッシャリーナ」で釣りをしてみました。釣果はあまりかんばしくなく、以下のカワイイふぐが釣れたくらいでしたが、安全に釣りを楽しめました。

その鴨川港の近くには「魚見塚展望台 ~ 誓いの丘 ~」という丘があります。山道が分かりにくいですが、民家のある小山の坂道を車で上っていくと、以下のような女神像「暁風」が頂にある丘になっています。この丘のある「魚見塚一戦場公園」は、その昔、石橋山合戦で敗れた源頼朝が安房に逃れて来た際に、この場所で地元の豪族との戦いに勝って天下取りの足掛かりを作ったという歴史の残る場所です。

この丘から見る鴨川の景色は素晴らしいです!鴨川が一望でき、地平線で地球の丸さを感じることができます。

続きを読む
 

南房総 – 一棟貸切り貸別荘 カプリハウスで絶景BBQ

千葉の南房総にある、一棟貸切り用の貸別荘「カプリハウス」の良いところは、何と言っても家族や仲間と気兼ねなく海の絶景が見える貸別荘を独り占めできるところです。トップの写真のように、海を望む緑美しい芝生の丘に一軒家があり、その庭でバーベキューを楽しんだり、海の見えるお風呂で楽しんだり、台所で好きな料理を作って食べたりもできます。車で以下のように玄関すぐまで入れます。

この一軒家がリーズナブルなお値段で独り占めできます。お勧めは何と言っても芝生がきれいなお庭でのバーベキュー。事前にBBQ予約しておいて、食材を買ってくれば、道具も貸してくれて誰でも楽しめます。この日は奮発してお肉の他に近くの「漁師料理 かなや」のところにあるお店でアワビやサザエにホタテ貝も買っておきました。

ちなみに「漁師料理 かなや」は海沿いにあるレストランですが、各種海鮮丼がおいしいのと、日帰り天然温泉「海辺の湯」があったり、海岸に降りて磯遊びができたりするのでお勧めです。

その「漁師料理 かなや」やちかくのスーパー「吉田屋湊店」で買った食材を、カプリハウスで借りた鉄板に乗せてじゅうじゅう焼いて、ビール片手に海を見ながら食べるのは最高です!

それらを以下のテーブルに乗せて、夕日を見ながら皆でワイワイ食べるのも楽しいですね。一棟貸しの貸別荘でここまで広くて気持ちの良いお庭があるところもなかなか無いですよね。いつもとてもキレイに整備されています。

今回うちは、家族だけで利用したので、家族でゆっくりとバーベキューを楽しみました。

家の中にも以下のような台所があるので、好きに使えます。全体的にとてもキレイで清潔にしてあるし、お皿やコッピなどもいろいろとあるので便利です。家の中で食材を洗ったり切ったりして、バーベキューの準備をするにはもってこいです。

続きを読む
 

南房総 – 波の音に包まれ 露天風呂付き客室で癒される「ゆうみ」

南房総にある高級リゾート宿「Beachside Onsen Resort ゆうみ」の素晴らしいのは、お部屋の中に露天風呂がある客室があるところ。オーシャンビューの客室の窓を全開すると、波の音を聞きながらゆっくりと露天風呂を味わうことができます。特に露天風呂に響く波の音が素晴らしく、そこまで計算して作ってあるのかと驚きました。もちろん客室についているので、家族だけで何度でもお風呂に入ることができます。新型コロナが気になる方でも安心ですね。

宿から出ると、そこはまるでプライベートビーチのように広くて静かな砂浜。さすがに夏場は海水浴客も多いでしょうが、それ以外はほとんど人もいません。以下の写真のやや左側に見える二つの屋根が「ゆうみ」です。ここは千葉の鋸南町 元名。このあたりにいくつかこういった宿を経営されている、紀伊乃国屋グループさんの宿の一つです。いずれも海のすばの素晴らしい宿が多いですが、この「ゆうみ」はその中でも特に海が近く感じられます。

場所は千葉の南房総の鋸南町。富津市の下あたりの内房です。内房なので波は穏やかで海に入るのも安心です。

部屋の中は以下のようになっていて、寝室と窓の間に半露天風呂がある形です。部屋も風呂場も清潔で良く設計されていて、とても居心地が良い空間で、何日もここでただぼぉーっとしたい気持ちになります。

客室に露天風呂がない部屋も、予約すれば屋上などに広い貸切風呂を使うことができます。家族連れでも安心して入れます。以下のような共用のテラスもあり、夕日は本当にきれいです。また、海に向かっての解放感は半端ないです。

夕食も以下のような二階の海が見える半個室でいただくことができます。すぐ外にテラスもあって、外に出て海を見ることもできます。まずは食前酒で乾杯。そこから素晴らしいお料理が次々に出てきます。

特にお刺身系は本当に素晴らしく新鮮でおいしいです。何でもオーナーが近くの漁港の買い付けする権利を持っているそうで、普通の人が入れない市場で一番良い食材を厳選して購入しているそうです。おいしいはずですね。鯛やヒラメやマグロの中トロ、金目鯛など全て絶品です。

アワビも絶品です。バターとレモンで食べると、これまた最高です。

続きを読む
 

隈研吾 – ところざわサクラタウン

東所沢にできた、あたらしい「ところざわサクラタウン」のプレオープン隈研吾展を見てきました。まず、その建物の外観に圧倒されました! 

中国から直接輸送したという、花崗岩の(デコボコの)割肌のタイルを外壁に敷き詰めた外観は、重厚感満点。近くで見ると、よくこれだけの石を持ってきて張り詰めたなぁと驚きます。

しかし、所沢の住宅地に突如現れた巨大建造物に、地元の方もさぞ驚かれたでしょうね・・。駅からの道で住宅の合間から見えるその姿はかなり異様でした。どの角度から見ても、圧巻です。

この日はまだプレオープンで、中の展示や外にある店舗はほとんどまだ工事中でしたが、「角川武蔵野ミュージアム」はオープンしており、そこで「隈研吾展」を開催していたので見てきました。

この建物の事はもちろん、隈さんの様々なこれまでの建築の模型や写真、ビデオなどもあり充実した内容でした。隈さんが語り掛けるような解説が付いていて、良い人柄が垣間見えて良かったです。

様々な模型も展示されていました。

続きを読む
 

Links to pages for World Wide

Itsukushima Shinto Shrine – Miyajima in Hiroshima, Japan

Itsukushima Shinto Shrine, located in Miyajima Island, Hiroshima, Japan, is not only …
Read More

Nikko Tosho-gu Shrine and Ryuokyo valley

Nikko Tosho-gu Shrine (Shinto shrine)  is one of the most famous Shinto-shrine in …
Read More

Autumn Leaves in Karuizawa, Japan

Here are photos of autumn leaves seen in Kumobaike pond, Karuizawa, Nagano. Karuizawa is very famous place as …
Read More

Autumn Leaves Tokyo in Shibuya Meiji-jingu-gaien

Today, November 23rd, I visited to Meiji-jingu-gaien to see Autumn Leaves Tokyo. …
Read More

Asakusa and Tokyo River Cruise

Asakusa is an area enjoying overwhelming popularity from visitors worldwide. The area gives …
Read More

Preferred Ginza Shopping and Sweets – Matsuya Ginza, Tokyo

Ginza is very famous town for brand shopping in Tokyo, Japan. Ginza …
Read More

Preferred Tokyo Station Ramen restaurant- “Rokurinsha”

“Rokurinsha” is one of the most famous Ramen (Japanese noodle) restaurants in …
Read More

Preferred Japanese Restaurant around Tokyo Disneyland and Maihama

I would like to share Japanese restaurants around Tokyo Disneyland, Tokyo Disney …
Read More

Preferred Tokyo Restaurant in Aoyama – “Kihachi”

“KIHACHI” is one of famous Tokyo restaurants in Aoyama. The approach to …
Read More

Preferred Tokyo SkyTree view Japanese restaurant – “Kunimi”

My best Japanese Restaurant with Tokyo SkyTree view is, “Kunimi”. Kunimi is …
Read More

Japanese paper “Washi” in Tokyo

“Washi” is the traditional Japanese Paper. Now three types of washi are …
Read More

Cherry Blossoms in Kawazu, Izu, Japan

Kawazu-zakura, one type of Japanese cherry blossoms, is well-known for its blooming period …
Read More

Railway cafe & shops “Manseibashi” in Tokyo Akihabara

Akihabara is the most famous town to buy electric products. It is …
Read More

Japanese old houses in Kawagoe, Japan

Kawagoe city is very close to Tokyo, it takes only 30 minutes …
Read More