シンガポール (3/3) マリーナ・ベイ・サンズ と ラッフルズ・ホテル

最終日、3日目はまず朝から マリーナ・ベイ・サンズ に上りました。
マリーナ・ベイ・サンズ の先端の地下で入場券を買えば、屋上の船の部分に上がることができます。下から見るとこんか感じですね。マリーナ・ベイ・サンズ のビルは、 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ 側の ベランダ は全部花で埋められていて、逆側はガラス張り になっています。
マリーナ・ベイ・サンズ下から

ちなみに、その先端の下のところには車寄せがあって、フェラーリ やら ランボルギーニ がゴロゴロおりました・・。もうすぐ F1グランプリ だったので、その関係者かもしれませんね。
マリーナ・ベイ・サンズのフェラーリ

上に昇ったら、それはもう絶景で、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ や シンガポール・フライヤー が上から見えて位置関係が良く分かります。
マリーナ・ベイ・サンズから見たガーデンズ・バイ・ザ・ベイ



また、その横のF1シンガポール・グランプリ会場も上から良く見えました。マリーナ・ベイ・サンズから見たF1シンガポール会場

上から海側を見ると、意外と近くに向かいの国が見えるのと、その間に無数の船が浮かんでいるのが印象的でした。さすが、世界の海の交通の要所ですね。シンガポール が栄える訳が分かりました。
マリーナ・ベイ・サンズから見た無数の船

また、サンズの上の船の部分には プール があり、人がたくさん泳いでました。宿泊者しか泳げないので泳ぐのは断念しましたが、次回はサンズに泊まって泳ぐぞ!
マリーナ・ベイ・サンズのプール

その後街に戻りゆっくり市街地観光しました。
ラッフルズ・プレイスの、ラッフルさん上陸記念の記念像とかを見ることができました。
ラッフルズ像

その後、シンガポールの昔の民族であるプラナカンの博物館に行きました。プラナカン博物館には当時の細かい細工がたくさん展示してあり、シンガポールの昔の文化に触れた気がします。

最後に、泊まったスイソテル・ホテルの隣の ラッフルズ・ホテル を訪れました。さすがシンガポール発祥の頃からある由緒正しいホテルであり、カクテルのシンガポール・スリングを生んだところだけあって、歴史を感じましたね。
ラッフルズ・ホテルeye

添乗員さんに薦められて買ったMoon Cake(月餅)のシャンパン味のが高級感があって超おいしかったです。やっぱりおいしいモノは地元の人に聞け、ですね!
ラッフルズの月餅

その後お土産を買ってこの日の夜のフライトで日本に帰りました。チャンギ空港にはいろいろと面白い場所があったらしいのですが、知らなくて行けなかったので残念!次回は空港でも楽しみたいですね。

今回の旅行は2泊5日の強行スケジュールでしたが、十分楽しめました。
しかしシンガポールは、観光都市としての都市計画が十分行き届いているなあ・・・と感心しました。何でこんなにうまく都市開発が進められているのかと聞いたら、「国会の与党が80人で、野党は8人くらいしかいないので、与党が都市計画(つまり地上げ)をどんどん決めて進められるんです」 と言われてちょっとびっくりしましたが・・。
そのおかげか、シンガポール、とっても良い街ですね!

⇒初日: シンガポール観光 (1/3) マーライオンとナイトサファリ



FacebookTwitterLine
 

コメントを残す